0586-77-1118|【診療時間】9:30~13:00 15:00~20:000586-77-1118|【診療時間】9:30~13:00 15:00~20:00

むし歯・歯周病治療

皆さんの歯医者さんのイメージに一番近いのが、「むし歯治療」ではないでしょうか。

そして一番、「痛い」「怖い」と思われている治療内容だと思います。

とみたデンタルクリニックでは、むし歯を治療する際、最新の治療法・器具を用い、なるべく痛くない治療を行っていきます。

痛みを抑えるための、麻酔の工夫

痛みを感じさせなくするためには、麻酔が一番有効です。でも、「その麻酔が痛い!!」と思われるかもしれません。とみたデンタルクリニックでは、麻酔の痛みを感じにくくするための工夫をしています。

  • コンピュータ制御の麻酔注射器で、痛みを少なくします
  • 表面麻酔などを使い、麻酔の針が入る痛みを感じにくくします
  • 麻酔液を人肌にあたためることで、体温と麻酔液の温度差をなくします
  • ドッグベストセメントの実施(希望者のみ)

できるだけ歯を削らない/痛みを感じにくくする治療

レーザー治療

レーザーを使った歯科治療を行っています。
エルビウムレーザーには、治療時の痛みをを抑える効果や、殺菌効果があります。

» レーザー治療について、詳しくはこちら

ドックベストセメント

ドックベストセメントとは、歯を削る量を減らす新しいむし歯治療です。
普通はむし歯菌に感染した部分をすべて削り取る必要がありますが、この治療は専用の殺菌セメントで、むし歯菌を無菌化することができるので、むし歯を削る量を最小限に抑えて、歯の神経を残せる可能性を高めます。
そして、歯の神経を保存することはその歯の寿命を延ばすことにつながり、周囲の歯にとってもプラスとなります。

※ ただし、保険治療として認められていないため、自費治療となります。

とみたデンタルクリニックでは、できるかぎり痛くない治療を行うために、麻酔や治療に関してさまざまな工夫をしています。
でも、通院回数も痛みももっともっと少なくする方法があります。
それは、「できるだけ初期の段階で受診すること」です。
変色もない、穴も開いていない、できるだけ初期の段階であれば、 削ることすらなく治療を終えられるケースもあります。むし歯が進行すればするほど、削らなければならない範囲が広がってしまいますので、痛みの少ない削らない治療のために、早めに受診しましょう。

むし歯の治療について

むし歯の治療には大きく分けて「つめる」治療と「かぶせる」治療があります。
小さい場合は「つめる」処置を行い、歯の中にある神経に達するような大きいむし歯の場合には「かぶせる」処置になるのが一般的と考えてもらってよいでしょう。

ごく初期のむし歯治療

ごく初期のむし歯とは、普通に見ただけでは、むし歯とは気付かないレベルです。歯科医師などが見ると、エナメル質の表面が溶けて白くなっているなど、状態の変化に気づきます。
このようなごく初期のむし歯は再石灰化する(治る、進行が停止する)可能性がありますので、削らずに「再石灰化」を目指します。

とみたデンタルクリニック では、歯にやさしいむし歯治療を目指しています。そのため、原則として「再石灰化」を優先し、穴が開いてしまうようなむし歯になった時にはじめて、削る治療を選択します。

小さいむし歯の治療

穴があいてしまった場合は、できる限り穴が小さいうちに最小限度だけ削って詰める治療をします。
この段階であれば、もし削る治療が必要でも、少ない治療回数で済み、治療もあまり痛くありません。
つまり、歯を「殺さない」治療が確実にできるのです。
生きている歯と死んでいる歯では、雲泥の差がありますから、この段階の治療には大きな意味があります。

大きいむし歯の治療


神経(歯の中にも神経があります)に達するような大きいむし歯では、歯の根っこから神経を取り除かなければなりません。

神経を取ってしまった歯は、どうしても弱くなってしまうので、

  • 歯の色が黒っぽく変色する
  • むし歯が再発しやすい
  • 根っこの周囲が膿んでしまうことがある
  • 折れてしまうことがある

という問題が出てしまうことがありますが、それまでは、かぶせものをすることで、「歯」として機能させることができます。

歯医者さんに何度も通わなければならない場合は、だいたい、この大きいむし歯の治療を行っています。細い歯の神経を取り除く作業や、神経を取り除いたあとの消毒作業、そして、穴のあいた部分に土台を作り、かぶせものをするなど、その後の処置などに時間がかかるため、通院回数が増えてしまう傾向があります。

日ごろからむし歯予防に気をつけて、大きいむし歯になってしまう前に定期的に歯科検診を受けましょう。