0586-77-1118|【診療時間】9:30~13:00 15:00~20:000586-77-1118|【診療時間】9:30~13:00 15:00~20:00

小児歯科

小児歯科についての院長の考え方

「何歳ごろから歯医者さんに見せに行ったらいいの?」と尋ねられることがよくあります。
正解はないのですが「お子さんのお口の中が気になったとき」「自分からお口を開けられるようになったとき」が始め時でしょうか。

私たちは「嫌がるお子さんを無理やりチェアに座らせて治療する」ということはしません。
歯医者さんを嫌いになってほしくないからです。

最初は保護者の方と一緒に、レントゲンや画像を見せながら、お子さんのお口の現状をご説明します。その後、もし痛みがあるようであれば、応急処置を行います。

しかし、お子さんが怖がるようであれば「歯医者さんのイスに座ってみるだけ」「治療に使う道具を触ってみるだけ」というところから始めます。

「歯医者さんは怖くないよ」ということがわかっていただけてから治療を開始します。

せっかく予約したのに、治療もせずに帰ってしまったら申し訳ないなんて思わないでくださいね。
お子さんのお口の中が気になったら、いつでもお気軽に「歯医者さんへ遊びに」来て下さい。

どんな治療をするの?

基本的には大人の方が受ける治療と同じです。

でも、痛いことや音に敏感なお子さんのために、麻酔を使ったり、極力削らないような治療方法を選択したりします。

また、お子さんのお口の中の特徴として「乳歯から永久歯に生えかわる」ことが挙げられます。乳歯の時期からきちんとむし歯を作らないように、きれいに永久歯が生えるように、むし歯予防の処置や噛み合わせの誘導を行っていきます。

予防のためのフッ素塗布【希望者のみ】

フッ素には、歯のエナメル質を強化し、むし歯の原因となるミュータンス菌が出す酸から歯を守ってくれる働きがあります。

小さいころから定期的にフッ素塗布をして、むし歯のない健康なお口作りをしましょう。
定期的にフッ素で歯質を強化するのとしないのとでは、時間が経つにつれ、大きな差となって現われてきます。

奥歯のみぞを埋めて、むし歯になりにくくするシーラント

生えたての永久歯は、注意をしていてもむし歯になりやすいものです。
特に、奥歯の噛む面は溝が深く、歯ブラシではなかなか汚れを落としきることができません。

そこで、歯を削らずに歯の溝を歯科用のプラスチックを埋め込んでコーティングすることで、汚れがたまりにくくする処置をします。

生えたての歯はやわらかく、虫歯になりやすいので、永久歯が生えてきたら早めにご相談ください。

定期検診プログラム

赤ちゃんが生まれると、なかなか自分のことにあまり構えませんよね。
でもむし歯は、おうちの方から赤ちゃんにうつる感染症。きちんとケアしておくことが大切です。

そこで、とみたデンタルクリニックでは、おうちの方とお子さんが一緒に行える定期検診プログラムをご用意しました。育児の気分転換を兼ねて、お子さんと一緒にお口のケアをしませんか?

※ 赤ちゃんの検診だけでも、もちろんOKです。

赤ちゃん6ヶ月検診(前歯が生える頃です)

  • 保護者の方の定期検診
  • 赤ちゃんのお口の検診
  • 歯ブラシの習慣づけ

赤ちゃん1歳検診(前歯が生え揃う頃です)

  • 保護者の方の定期検診
  • お口の検診
  • 歯ブラシ指導
  • フッ素塗布

乳幼児検診(3ヶ月ごとの定期検診)

  • 保護者の方の定期検診
  • むし歯検診
  • 歯ブラシ指導
  • フッ素塗布

3歳児検診(乳歯が生え揃います)

  • 保護者の方の定期検診
  • の定期検診
  • むし歯検診
  • 歯ブラシ指導
  • フッ素塗布

小児検診  乳歯から永久歯へ(3ヶ月ごとの定期検診)

  • むし歯検診
  • 歯並びやかみ合わせチェック
  • 歯ブラシ指導
  • フッ素塗布