0586-77-1118|【診療時間】9:30~13:00 14:30~19:300586-77-1118|【診療時間】9:30~13:00 14:30~19:30

入れ歯・義歯

入れ歯には、総入れ歯や部分入れ歯などさまざまな種類があります。また、材質や構造にも多様な種類があり、患者さま一人ひとりのご希望やスタイルに合わせたものをお作りすることができます。

入れ歯には、保険診療の範囲内で制作できるものと、自費診療によるものがあります。
さらに、自費の中でもさまざまな素材・形状があり、それぞれに料金や材質、つけ心地などが異なります。

とみたデンタルクリニック では、患者さまのご希望・ご要望を第一に考え、最適なものをご提案いたします。

生体用シリコンで、ピッタリ吸着する入れ歯

フィンデンチャー

安定が悪い方や、異物感にお悩みの方に開発された次世代デンチャーです。
デンチャーは英語で「入れ歯」のこと、フィンとは「水かき、ヒレ」のことです。
フィンデンチャーの快適性はやわらかいヒレ(FIN)部分で歯ぐきにしっかりと吸着することから生まれます。 入れ歯の周りを囲んだヒレ状のやわらかいシリコンで歯ぐきに吸着し、異物感も少なく食事ができます。

「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

コンフォート

コンフォートは、入れ歯の裏面(歯茎に当たる部分)を生体用シリコーンというクッションで覆う、新しい入れ歯の技術です。弾性のある生体用シリコーンが、入れ歯で噛みしめたときに歯ぐきにかかる負担をやわらげ、抜群の吸着力を発揮します。

 「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

「コンフォート」について詳しく見てみる

目立ちにくい部分入れ歯

ホワイト クラスプ

一般的な部分入れ歯では、歯に金属のバネをかけなければなりませんが、 ホワイトクラスプとは、クラスプ(バネ)に金属ではなく、白いプラスチックを使用したものです。

バネを歯とほとんど同じ色で作ることができるため、金属のクラスプよりもはるかに目立ちにくくなります。
また、今まで使っていた部分入れ歯のクラスプをホワイトクラスプに変える事も可能なので、新たに義歯を作り直さなくてよい場合もあります。

部分入れ歯で、どうしてもバネをつける必要がある時におすすめです。

ノンクラスプ デンチャー

一般的な部分入れ歯では、歯に金属のバネをかけなければなりませんが、 ノンクラスプデンチャーとはクラスプ(金属のバネ)のない入れ歯のことです。

歯ぐきの色に近い半透明の素材でできており、バネがないため見た目が自然で、入れ歯と気づかれることが少なくなります。

ノンクラスプデンチャー

通常のクラスプデンチャー